日時
1回目
2021年 5月10日(月)
時間 10:00~14:00

2回目
2021年 6月14日(月)
時間 10:00~14:00

3回目
2021年 7月26日(月
時間 10:00~14:00

4回目
2021年 9月13日(月)
時間 10:00~14:00

5回目
2021年 10月11日(月)
時間 10:00~14:00

6回目
2021年 11月15日(月)
時間 10:00~14:00

※リアル開催が状況に応じてWEB 配信となる可能性もございます。予めご了承ください。

定 員: 限定15名
会場
ガモウ関西京都スタジオ

【地図を見る】

回数
6回目
料金
59,400円(税込・ポイント利用可)
※リアル開催がWEB 配信となる可能性もございますが、その場合も同じ価格となります。

G×L Academy -iSM

受付中

フォルムコントロールの原理原則

▶WEBお申込はこちら
https://gamo-kansai.jp/event/entry/

CUT=難しくはない

髪を切る事自体はそんなに難しいことではない…髪を切ることはハサミとコームがあれば誰にでもできることです。実際にお母さんは子供たちのカットをおうちでされています。大切なのは髪を切ることではなくて髪をどのように残すかなのです。

――――――――――――――――――――――――――

ゲストのニーズの変化

SNSの発展により以前のようなヘアカタであったりアイドルの髪の写真を持ってこられる方が減りました。インスタであったりネットから自分に似合うであろう写真を数枚持ってこられてます。これまでのマニュアルの切り方を学んでも対応できなくなってきました。

ゲストの髪の毛の状態の変化

平均年齢が48歳とも言われてる現代人はカラーをしてない方の方が少ない状態です…そのためカラーダメージやエイジング化による収まりの悪さなど従来のカットとは考え方をシフトしていかなければならないのが現実。

自分の教科書をつくる

ゲストのなりたい世界観の髪型を作る上で骨格のコンプレックスや髪質のコンプレックスを考えるとベースになる髪型をオーバーダイレクションやリフティングを使ってコントロールできて当たり前でであってそこからデスコネクションやセニングを使ってフォルムのコントロールをすることが求められています。今回のセミナーはオーバーダイレクションやリフティング・セニングやディスコネクションといった考え方と技術を入れながらご自分の教科書作りの時間を作っていただきたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――

今回のカットセミナーは、カットをパターンで覚えるのではなく、 カットに必要な基礎の原理原則から覚えていただきます。 お客様の求められてる多様なヘアースタイルを分析し、 設計図を頭で描き、(G) や (L) といったフォルムをオーバーダイレクションやリフティング等の組み合わせで作ることができるようになります。「何故パネルを取る必要があるのか?」「何故引き出す角度の変化が
必要なのか?」を知ることで、似合わせに必要な微妙な調整をすることができるようになり、お客様に必要なフォルムや重さや軽さのコントロールができるようになります。 またセクショニングの考え方や、ゾーンセニングを加えることで、よりフォルムを自由にコントロールできる様に学んで頂けます。リーディングによるヘアースタイルの読み取り、デザインを形にしていくトレーニングなど、シザーでカットするのではなく左手のコントロールでヘアスタイルを作っていくという考え方…だから今こそ、ヘアスタイルの切り方や順序を学ぶのではなく、「フォルムをいかに作るのか?」というコントロールを考えるようになって頂きます。 ブラントカットからセニングまで、一人一人の顧客の髪の質や骨格によって切り方を変えて似合わせることが出来る、実際に明日から使える内容になっています。WEB によるフォローアップを加えた6 回コースです。

―――――――――――――――――――――――――――

1回目  リフティングとオーバーダイレクション
2回目  Gstyleとコントロール
3回目  Gstyleとコントロール2
4回目  Lstyleとコントロール
5回目  セニング
6回目  Design
※リアル開催が状況に応じてWEB 配信となる可能性もございます。予めご了承ください。 

講師 PROFILE

中島 武志
-ISM
―――――――――

2002年 1095Design改革に参加
2005年 Design group D7結成
2008年 SSA本校1期生に参加
2013年 SSA本校卒業

JHAライシング賞ノミネート・エリア賞ノミネート/KHA 審査委員賞受賞/三都杯決勝進出
ロレアルカラートロフィー 決勝進出
カット技術・ケミカル知識・design能力…すべての技術はお客様のためにあります。少しでもうまくなりたい、もっとお客様の要望に答えてあげたいと思うからこそ時間とお金を使って努力
をしているんだと思います。それは誰から言われたからというわけでもなく自らが欲するものですよね?そういった努力は裏切ることはありません。そう信じています!何が必要で何が自分
に足りないのかを考えてもっと学ぶべきです。本物を知らない限り本物にはなれないのです!